固定資産税について

厚木市の一戸建て物件と固定資産税について

神奈川県の厚木市は東京都に隣接するエリアで、多摩川を越えれば大田区などの東京都になるエリアです。

但し、厚木市と言っても行政区として7つありますので、全ての行政区が多摩川沿いに在るわけではありません。

しかしながら、交通の利便性や生活環境の中には自然が多く在るのが特徴で、生活に緑などを取り入れられる理由からも厚木市は人気が高く、市内にマンションを所有している人などが買い替えで一戸建て物件を購入したり、他のエリアから永住する目的で厚木市に一戸建てを購入すると言うケースも多いのです。

所で、住宅を所有する事で維持費というものが必要になってきます。

維持費は賃貸物件にはないものであり、現在賃貸に住んでいて、これから一戸建てを購入する場合には、どのくらいの維持費が必要になるのかなどの知識を持っておくことは大切です。

一戸建てにおける維持費と言うのは、住宅のメンテナンスなどにかかる費用や、毎年納めなければならない固定資産税などが有ります。

住宅のメンテナンス費用と言うのは数年に一度や10年に一度の割合で行う外壁塗装や屋根塗装と言ったリフォーム費用などであり、住宅設備などは大切に利用していくことで長持ちしてくれますので、維持費用として一定の金額を考えておけばよいのです。

しかし、固定資産税と言うのは毎年納めなければならない税金であり、一戸建て物件やマンションなどの住宅を所有した人々が納める義務が有る税金です。

固定資産税は、毎年1月1日に所有をしている人に課税される税金です。

仮に、1月10日に住宅を売却したとしても、その年の1月1日に住宅を所有をしているわけですのでその年の税金は所有者である人が納める必要があるのです。

しかし、売却を行った場合は、購入者との話し合いを行い、残りの税金については新しい持ち主が支払うと言うケースが多いのが特徴です。
尚、一戸建て物件の場合では土地と建物にそれぞれ課税が行われるのが特徴ですが、課税は土地の評価額や建物の評価額から税額が計算されるのが特徴です。

また、土地の評価額と言うものは、3年毎に見直されるのが特徴で、土地に対する課税額と言うのは、この土地の評価額を基準にして1.4%を掛け合わせて計算が行われるのです。
但し、税金には軽減措置というものがあるのです。
軽減措置は、住宅用地において200平方メートル以下の部分は小規模住宅用地と言う事になっており、課税標準額は6分の1に軽減されると言う特徴を持つのです。”