賃貸物件について

厚木の一戸建ての賃貸物件について

厚木で賃貸物件を探そうとしている場合、不動産屋などに紹介を依頼することが多いはずです。この場合、色々な物件を紹介されることでしょう。その中には、一戸建ての物件もあるかもしれません。

一戸建ての賃貸物件は、厚木でも住宅地などに多いです。厚木から転勤になってしまった人などが貸し出していることが多いのですが、色々と知っておくべきポイントもありますので、気をつけるようにしましょう。

一戸建ての賃貸物件のメリットは、床面積の広さです。マンションやアパートよりは広い床面積であることが多く、部屋数も多くなります。子供一人一人に対して部屋をあたえることが出来る可能性が高くなるのです。また、上階や下階の部屋というものがないため、騒音トラブルに悩まされることも少ないです。もちろん、隣家などとの関係はありますが、壁一枚隔てただけのマンションとは騒音の伝わり方が違います。

また、駐車場や庭がついていることが多く、駐車場がついていれば、車から降りてすぐに自宅へ入ることが出来ます。庭があれば、ガーデニングを楽しむことが出来ることもメリットでしょう。デメリットとしては、転勤などで貸し出している人が多いため、期間があることが多いという点です。

長く住みたいと思っていても、数年で退去を求められることがありますので、借りる時に期限をしっかりとチェックしておきましょう。また、庭がある場合は、庭の手入れをする必要があります。剪定も雑草とりも、すべて借り主の責任で行う必要があるのです。放置していると、近所から苦情がくることがありますので、注意するようにしましょう。庭の手入れはとても大変なものなので、責任をもって出来るのか、しっかりと考えるようにします。

また、一戸建ての場合は、近所とのつきあいが密接である可能性があります。自治会にも入る必要が出てきますし、一斉清掃や祭りなどの行事にも参加するように求められることが多いでしょう。人づきあいを深く行いたくないという場合は、一戸建ては避けた方がよいのかもしれません。床面積も広いことが多いですし、階段がありますので、掃除が大変になります。その他、マンションやアパートと違い、戸締まりをするところがとても多いので気をつけるようにしましょう。

このように、一戸建ての賃貸物件には、色々なメリットやデメリットがあります。しっかりとそれらを知った上で、納得できるまで検討してから選ぶようにすることがとても大切になってきます。”