注意点は下見

厚木市の一戸建てを購入するときの注意点は下見

一戸建ては、多くの人にとっては一生で一番大きな金額の買い物です。

そのため、できるだけ失敗しないようにと考えるものでしょう。失敗しないための注意点は、下見をしてから購入することです。
厚木市の一戸建てを購入するときの注意点も同じなので、下見をしながら最終的な決断をしましょう。

下見をするときの注意点は、室内と周辺の二つに分けられます。

室内で見るべきポイントは、マンションなどと変わりません。

収納スペース、コンセントの位置、室内の動線など、一つひとつ確認をしていきましょう。
他にも日当たりや風通し、騒音なども、ポイントとなります。一戸建てを購入するときならではのポイントとしては、図面を見ることです。
間取り図や設計図を不動産屋から入手して、実際に図面通りに作られているか確認をしてください。

メジャーで室内を測りながら、図面とズレがないか確かめることが重要です。また図面を確認するだけではなく、窓やドア、押入など、開けることができるところはすべて開け閉めをしましょう。

立て付けが悪いとストレスになりますし、そもそも一戸建てが丁寧に建てられていない可能性もあります

一戸建ての下見では室内ばかりを見てしまいがちですが、周辺環境も忘れてはいけません。

特にチェックしておきたいのは、厚木駅など市内にある駅までの距離です。

一戸建ての情報が掲載されているカタログには駅までの所要時間が書かれていますが、実際に歩いてみるとそれよりも遅くなることはあります。駅以外にも、スーパーや学校、病院など、生活をしていると利用することになる場所は、一通り歩いて時間を計測してください。

歩くことによって、厚木市のリアルな街並みを肌で感じることも可能です。

肌で感じて気に入ることができれば、厚木市に暮らすことになっても後悔することはありません。

このように一戸建ての購入では、下見が重要なポイントになります。

しかし下見は、一度しただけではまだまだ足りません。時間帯や曜日によって一戸建ての室内や周辺の環境は大きく変わることになるので、最低朝・昼・夜の3回、さらに平日と週末に分けて計6回は下見をしなければいけません。
何度も下見をすれば、それだけ失敗する確率は減らせるでしょう。

遠方に住む人が厚木市まで下見に行くのは、難しいかもしれません。
しかし、下見は一戸建ての購入では欠かせないので、良い一戸建てにめぐり会えたと納得できるまで通いましょう。”