間取りについて

厚木の一戸建ての購入と間取りについて

厚木で一戸建てを購入しようと考えている場合、色々とチェックしておくべきポイントがあります。その中のひとつに、間取りがあります。一戸建てでチェックすべきポイントの中でもとても重要です。

厚木で一戸建てを購入するために探していると、色々な物件を見るはずです。しかし、どのように素敵な一戸建てであっても、その間取りが自分たちの家族にあっていないものであれば、購入することは控えるようにした方がよいのです。

まず、自分たちの家族にとって必要な部屋数を計算してみるようにしましょう。子供一人ずつに部屋を与える場合は、夫婦2人、子供2人の場合、最低でも、3LDKが必要になってきます。夫婦のための寝室が1つ、子供のための部屋が2つに、リビング、ダイニング、キッチンという形になるためです。また、将来的に子供が増える予定であったり、まだ子供が小さい場合などは、部屋を後から区切ることが出来るようになっている物件を選ぶようにします。扉、コンセント、窓などが複数ついている部屋がある物件です。

将来のことも考えて、部屋数はしっかりと計算するようにしましょう。動線もしっかりと考えておく必要があります。朝は家族が最も動くことが多い時間帯です。その時間帯で家族がどのように動くのか考えてみることが大切です。ぶつかってしまったり、遠回りしなければいけなかったり、実際に歩いてみるとよくわかりますが、図面しかない場合はシミュレーションしてみるようにしましょう。また、家事をする時の動線もしっかりと考えておくようにします。とくに、洗濯です。

洗濯物がある場所と、洗濯機の置き場は離れていないか、洗濯機置き場から洗濯物干しまでは離れていたり、上階にあるようなことはないか、干し終わった洗濯物をしまう場所は家中に散らばっていたりしないか、しっかりとチェックしておくようにします。これらが離れていたりすると、とても大変ですし、使いにくい家だということになってしまいます。

キッチンも玄関と離れすぎていると、買い物してきた荷物を入れるのが大変です。階段と玄関の場所も確認するようにしましょう。子供が帰ってきて他のどの部屋も通らず階段を上がってしまうようなことがないか、確認が必要です。

このように厚木で一戸建てを購入する場合は、間取りについて色々とチェックしておくべきポイントがあります。しっかりとポイントをおさえてチェックするようにして、住みやすい一戸建てを購入するようにしましょう。”